次回の合宿セミナー情報


第13回タナベセラピー合宿セミナーin 志賀島

 

私は2009年頃から重度の片麻痺様を対象としたリハビリテーション治療に携わってきました.

その取り組みのうち,効果的な理論(考え方)や徒手によるテクニックをまとめたのがタナベセラピーです.

 

タナベセラピーは,アメリカで開発されたCIセラピーという行動心理学アプローチや,徒手的なアプローチであるファシリテーションテクニック,そしてボバースコンセプトが扱うテクニックなど既存のテクニックを基に,修正を加えたり,新たに麻痺肢の運動を誘発する促通方法や痙性減弱法などを開発したりしたものも含まれます.

 

5年前,5名程度のスタッフで始めたタナベセラピー研究会ですが,現在では,会員数が100名を超えるまでに成長しました.

また本研究会では認定制度を設け,「タナベセラピスト認定」「アシスタントインストラクター」「インストラクター」の3つの認定を設定しました.

認定の判定は八ヶ岳合宿セミナーに参加したセラピストに検定を行い合格者に付与してきました.

神奈川県で発足した本研究会ですが,この研究会に通いつめ,インストラクターやアシスタントインストラクターに認定された方々の多くが九州のセラピストでした.

 

「リハビリの熱心さは西高東低」という声も聴かれるように,現在では九州の主要スタッフが増え,福岡や鹿児島,大分でタナベセラピーは普及しつつあります.

 

今回はそのような背景を鑑み,はじめて福岡での合宿セミナーを企画することとなりました.

山の八ヶ岳(山梨),海の志賀島(福岡)が今後,二大合宿セミナーになることと思います.

 

今回,認定検定を受ける方は,勉強に夢中になることなく,オーシャンビューを堪能しながら大いに語り合い,一緒に飲み,楽しみたいと思います.         

 

タナベセラピー研究会代表 田邉浩文

 

 

第13回タナベセラピー合宿セミナーin 志賀島のご案内

https://drive.google.com/file/d/1iEt_XGaLX5a6QcpRFjb2p2wLv_uBPvVZ/view?usp=sharing

*日時:令和元年9月16日(祝/月)14:30(受付)~9月18日(水)14:00まで

 

*会場:休暇村 志賀島 https://www.qkamura.or.jp/shikano/

    〒811-0325 福岡市東区大字勝馬1803‐1

 

*会場までのアクセス

 https://www.qkamura.or.jp/shikano/access/


*参加申し込み:右のQRコード,または下記の申し込み専用フォームよりお申し込みください.
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeFsVIbMtSmDpmlvrtIMfZR_tsl4-cOZS_Qt8CUgzv_9dcZ4Q/viewform

 

問い合わせmail  address

 akihiko.kondo@sums.ac.jp(近藤昭彦)までお願い致します

 

今回の合宿セミナーは初の九州開催です.

日々,技術は進化していきます.合宿セミナーでは最新の技術を提供し,受講生の方々に実際の臨床の中で体得して頂きます.

是非,多くの方々のご参加を,オーシャンビューの志賀島でお待ち致しております.

 

第13回タナベセラピー合宿セミナー in 志賀島 運営事務局

参加申し込みQRコード



第12回八ヶ岳合宿セミナー

「脳血管疾患に対する生活機能改善へのアプローチ」

~クリニカルリーズニングから実践まで~

受講定員に達しましたので

参加申し込み受付は終了いたしました

何故、合宿性のセミナーを開催するのか、しかも八ヶ岳で・・
こんな質問をいつか受けるのだろうと思っていましたが、耳にしたことはありません。

私は、全国各地で、セラピストやサポーターの方々に支えて頂きながらタナベセラピーセミナーを開催してきましたが、私のお気に入りのスポットである八ヶ岳美術館ソサエティに皆さんを招待したい・・そんな思いから合宿セミナーを企画してきました。

八ヶ岳では、まず、参加者の皆様から、「楽しかった!おいしかった!」というお声を聴くことができれば私は大満足です。次に、「手が動くようになった、歩きがスムーズになった!」「すごく勉強になった!やっとできるようになった」が嬉しい言葉として浮かびます。

これまでの合宿では、初参加者を交えてテクニックの一つ一つを丁寧に指導してきました。第12回八ヶ岳セミナーでは、個々のテクニックをおおむね習得されている人を集い、臨床でどのように組み立てて応用動作の獲得へと導くのかを追求するクリニカルリーズニング(臨床推論)の進め方をテーマにしたセミナーを行います。

田邉はアナログ人間です。当事者の肩に手を置き、次に拳上の促通をしながら胸郭の拡大を図る。次には手指伸展を促通したかと思うと机上課題をセットする。これらの一連の組み立て方は、熟慮しながら行ったことはなく、手をここに置きたくて仕方がなくなり、促通をする前に胸郭を開きたくて仕方なくなる。手が勝手に適切と思われる位置に出てしまうのです。

八ヶ岳での私の課題は、みなさまに言語的に伝え、見える化することです。皆様は、なぜその手順を選んだのか、結果が出ないときに真っ先に行ったことにはどのような意味があるのか推察しながら、思考や感覚を盗んでください。そして、まずは大いに八ヶ岳を楽しんでください。サポーター様、療法士様、名古屋工大の学生様、湘南医療大学の学生様、みんなで充実した春の八ヶ岳に致しましょう!

タナベセラピー研究会 代表 田邉浩文

 

12回タナベセラピー八ヶ岳合宿セミナーへのご招待

https://drive.google.com/open?id=1lCOhBQuJG31eZ_5uAkd6lcKf1wquFC_F

*日時:2019年5月31日(金)14:30(受付)~6月2日(日)12:00まで

*会場:ダイヤモンド八ヶ岳美術館ソサエティ

    https://www.diamond-s.co.jp/yatsugatake/

    〒409-1502 山梨県北杜市大泉町谷戸5771-84

*会場までのアクセス

 https://www.diamond-s.co.jp/yatsugatake/images/pdf/pdf_map.pdf
*参加申し込み:右のQRコード,または下記の申し込み専用フォームよりお申し込みください.
 
定員に達したため,参加申し込み受付は終了いたしました

 

合宿セミナーも今回で12回目を迎えることとなりました.

最新のタナベセラピーの技術と,過去の合宿セミナーの経験を生かし,最高のセミナーとなるように企画・運営をしてまいります.

是非,多くの方々のご参加を,大自然の八ヶ岳でお待ち致しております.

 

第12回タナベセラピー八ヶ岳合宿セミナー運営事務局


過去の八ヶ岳合宿セミナーの様子はこちらよりご覧ください